2017年12月10日日曜日

波と水のたとえ[Thich Nhat Hanh]


話:ティク・ナット・ハン




中部経典には、

「これがあるのは、あれがあるからだ。

これがないのは、あれがないからだ」

とあります。

無常はまた、「固定した形がないこと(アラクシャナ=無相)」ともいえます。存在のありのままの姿は、どんな概念や言語表現によってもとらえられません。私たちには、知覚と思考の媒介によって現象をとらえる癖がついているので、現象の源にある本質にじかに触れることができなくなっています。知覚と思考は「固定した形(相)」の世界そのものなのです。



万物には「固定した形がない」という性質を理解するために、よく引き合いに出されるのが、波と水のたとえです。

波は高くなったり低くなったり、現れたり消えたりしますが、波を作っているもとの水には、高低も生滅もありません。高い低い、生じ滅する、これらの相は水の実体にはまったく影響しないのです。



私たちは外見に影響されて、泣いたり笑ったりします。物事の実体を見たことがないからです。実体(スヴァバーヴァ=自性)とは、あらゆる現象の本質そのもの、そして私たちの本性でもあります。

波が生まれ死んでいく、その側面だけを見るところに苦しみがあります。波のもとである水に目を転じ、どんな波も水に戻っていくことを知れば、恐れはなくなります。





無常の本質を洞察すれば、無我の本質が見えてきます。両者は別者ではないからです。

すべては一瞬ごとに移り変わり、つぎの瞬間にもまったく同じということはありえません。無常とは無我であり、両者はひとつです。

時間という観点からは無常といい、空間という観点からは無我というだけで、じつはまったく同じことなのです。








引用:ティク・ナット・ハン『ブッダの〈呼吸〉の瞑想』

常識とは...[アインシュタイン]


Common sense is the collection of prejudices acquired by age 18.

常識とは、18歳までに身につけた偏見のコレクションである。

アルバート・アインシュタイン




2017年10月25日水曜日

賢者と危機[ビルマ]


賢者は
まだ起こらない危機を知って
遠くから引き返す

起こった危機には
勇気をもって立ち向かう



『ダンマ・ニーティ』より





『慈愛の書』[ビルマ]



シュエナンチョシン王に献上された「慈愛の書」

ウー・ペーマウンティン著
大野徹監訳『ビルマ文学史』P91〜92参照





与えられぬに欲しがるなかれ

問われもせぬに答えるなかれ

呼ばれもせぬに行くなかれ

美味ならざるに食すなかれ

熟しもせぬに食すなかれ

似合わないのに着るなかれ



黙しているのは値千金

人欲しがればナッ(神)も欲しがる

人好めばナッ(神)も好む



軽くもなければ重くもない

遅くもなければ早くもない



黄金の秤(はかり)のごとく

張ってもおらず弛んでもいない

小舟や筏をつなぐ浮標(ふひょう)のごとく

智慧を惜しむな

漁師が釣竿(つりざお)操り引き上げるごとく

智慧あればこそ時機を知る






2017年9月23日土曜日

もし起動が10秒速くなれば…[Steve Jobs]


 If it could save a person's life, could you find a way to save ten seconds off the boot time.
もし10秒、起動が速くなれば、何十人もの命が救えるんだ。

Steve Jobs
スティーブ・ジョブズ



〜引用:『人生を変えるスティーブ・ジョブズスピーチ』





ある日、ジョブズが Macintosh の起動が遅く、イライラしているときに、担当者を呼び出して

「もっと起動を速くろ」

と不満をぶつけていました。言い訳をする担当者を無視して、次に出てきたのがこの言葉です。さらにジョブズはその理由を

「将来的には、マックユーザーは500万人に達する。彼らが1日一回は起動すると仮定するとして、起動時間を10秒短くすれば何が起こるか? 500万人分だから、1日で5,000万秒も短縮できる。一年なら、人間の寿命の何十倍にもなるだろう。考えてみろよ。もし10秒起動が速くなれば、何十人もの命が救えるんだぞ」

と、かなり強引なこじつけを唱えます。しかし、それからわずか2〜3ヶ月後には、起動時間が10秒以上短縮されたのです。このようにジョブズには、マックチームに「現実歪曲空間(Reality Distortion Field)」と名付けられた不思議な力があったとされています。それは現実的に厳しいスケジュールや常識的に難しい要求でも、ジョブズに説得されてしまうと、誰でも何でも受け入れてしまうという能力でした。ジョブズならではの説得力というよりも、何とかしてみようと思わせる人間力があったのかもしれません。