2017年4月26日水曜日

塵と花[碧眼録]





塵未挙 花未開

(ちり)(いま)だ挙(あが)らず

(はな)(いま)だ開(ひら)かず


一塵挙 大地収

一花開 世界起

一塵(いちじん)(あが)って大地収(おさ)まり

一花(いっか)(ひら)いて世界起(おこ)


明珠在掌[碧眼録]





明珠在掌
めいじゅ ざいしょう

明珠(めいじゅ)は掌(たなごころ)に在(あ)


真に大切なもの(明珠)は自分の手の中にある。



話:齋藤孝『声に出して読みたい禅の言葉』

法華経にある「衣裏(えり)の宝珠(ほうじゅ)のたとえ」

ある人が親しい友人の家に行き、大変ごちそうになり、酒を飲んで酔いつぶれてしまった。そのとき友人は、酔って寝ている友人の着物の裏に高価な宝珠を縫い付けて出て行った。

何も知らない男は翌日から他国を流浪し、やがて金がなくなり生活に困っていた。ある日のこと、ごちそうをしてくれた友人に出会った。その友人は言った。

「おまえは何とバカなやつだ。わたしは昔、おまえに安楽な生活をさせてやろうと思い、どんなものでも手に入る宝珠を、着物の裏に縫い付けた。それは今でもあるはずだ。それを売れば、もう苦しむことはない」






死は観念である[三木清]





死は観念である

三木清『人生論ノート』






2017年4月23日日曜日

良いものはカタツムリ[ガンディー]





良いものはカタツムリのように進むのです。

マハトマ・ガンディー『真の独立への道』







無畏の勇者[ガンディー]




勇者とは、剣や銃の類(たぐい)ではなく、無畏(むい)をもって武装した人のことです。

恐怖にとりつかれた者たちだけが、剣や銃で身がまえるのです。

マハトマ・ガンディー





理想の状況を言えば、

太陽がわたしたちの唯一の料理人であるべきです。

マハトマ・ガンディー





わたしたちには、自分が必要としないものは、一物たりとも受けとってはなりません。 
(い)りもしない果物をもらったり、必要以上に多量にもらうのは、盗みです。

マハトマ・ガンディー